配偶者を扶養する場合

注意事項

公的書類は3カ月以内に発行されたものを提出してください。

退職後に失業給付を受給する場合、待期期間・給付制限期間は一時的な収入減少とみなし、扶養の認定はできません。
ただし、雇用保険(失業給付)の受給が開始し、基本手当日額等の認定要件を満たせば申請可能です。

前勤務先の任意継続健康保険に加入している場合、その資格を喪失した後でないと扶養の認定はできません。

東芝健保の被扶養者となれる日は、東芝健保が申請書類等により扶養の事実を認めて受理した日です。
ただし、扶養の事由発生日(退職日、婚姻日等)から1カ月以内に東芝健保が受理した場合は、事由発生日に遡って認定します。1カ月以内に必要な書類がすべて揃わなかった場合は、扶養の事実を認めて受理した日で認定します。

【国内居住要件】【同居・別居】【申請事由】の3つの項目からそれぞれあてはまる内容に必要な書類を提出してください。同じ書類がくり返し「必要書類」に提示される場合は1部で結構です。


【国内居住要件】

日本国内に住民票があるか、例外に該当するか等の確認をしてください。
提出書類が必要になりますので詳細は「被扶養者の国内居住要件について(PDF 158KB)」をご確認ください。


【同居・別居】

  1. 1同居の場合
    下記A~Fの事由に該当する書類を確認してください。
  2. 2別居の場合
    下記A~Fの事由に該当する書類の他に、下表の書類が追加で必要になります。
追加で必要な書類 備考
送金証明書(下限送金月額以上の1回分)の写 銀行の振込明細(写)、現金書留の控え(写)など

被保険者から認定対象者に送金されていることがわかること。
下限送金月額(1カ月あたり)4万円/一人

送金計画書 東芝健保所定の申請書類を使用してください。

同居・別居は住民票上で判断してください。

高校・大学生が通学のために別居している場合、上記の表の書類の代わりに「在学証明書」でも可。

別居の理由が被保険者の単身赴任の場合は不要。
単身赴任とは、「転勤によりこれまで同居だった家族と被保険者が別居となること」を指す。
個人的な理由での別居は単身赴任とはみなされない。

送金証明って?
  • 健康保険の扶養になれる家族は、「主として被保険者の収入によって生計が維持されていること」が条件です。
  • 別居の場合、被保険者からの援助による送金によって、衣・食・住の生計がまかなわれていることを確認する必要があります。
    したがって、家族の年間収入よりも被保険者からの送金額の方が多くなければ、被扶養者とはなれません。

【申請事由】

A.被保険者が入社した

必要書類 備考
下記C~Fに該当する書類 入社にともなう扶養の申請手続きの場合も、所得証明書の記載内容や現在の収入状況によって提出が必要な書類があります。
ページトップへ

B.結婚した

必要書類 備考
下記C~Fに該当する書類  
結婚受理証明書(写)または戸籍謄本 結婚した後に退職した場合、結婚受理証明書(写)または戸籍謄本は不要
ページトップへ

C.退職した(現在給与収入なし)

C-1.雇用保険に加入していたが、失業給付を受給しない

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
離職票1・2(写)または雇用保険資格喪失確認通知書(写) 離職票の交付をしていないことが明記された退職証明書でも可
雇用保険(失業給付)受給に関する誓約書 離職票1・2(写)を添付する場合のみ必要
東芝健保所定の申請書類を使用してください。
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ

C-2.雇用保険に加入していなかった

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
退職証明書 公務員の場合は辞令書(写)でも可
前勤務先の給与明細1カ月分(写) 雇用保険料の引去りがないことが確認できるもの

「退職証明書」に雇用保険未加入と明記されている場合は不要

【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ

C-3.雇用保険に加入していて、失業給付を受給終了した

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
雇用保険受給資格者証(写) 失業給付の受給終了が印字されている箇所
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ

C-4.失業給付受給を延長する

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
雇用保険(失業給付)受給に関する誓約書 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
雇用保険受給延長通知書(写)

(延長通知書の入手に時間を要する場合は暫定的に以下の書類を提出してください)

退職日が分かる書類(離職票1・2(写)や退職証明書など)

+延長理由が分かる書類(母子手帳(写)や医師の診断書など)

暫定的な対応をした場合、
雇用保険受給延長通知書(写)は発行され次第提出してください。
母子手帳(写)は表紙のみで可
離職票1・2(写)や退職証明書などに、退職事由(妊娠・出産や傷病)が記載されている場合は、延長理由が分かる書類は不要
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可
事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

C-5.失業給付を受給しているが、支給額が基本手当日額3,612円未満(60歳以上は5,000円未満)である

失業給付以外の収入がある場合は、すべての収入を合算して収入基準額を満たす必要があります。

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
雇用保険受給資格者証(写) 「基本手当日額」および「待期満了日または給付制限期間終了日」が印字されているページ
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ
ページトップへ

D.転職または契約変更により収入減少した

D-1.雇用保険に加入していたが、失業給付を受給せずに転職した

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
離職票1・2(写)または雇用保険資格喪失確認通知書(写)  
雇用保険(失業給付)受給に関する誓約書 離職票1・2(写)を添付する場合のみ必要
東芝健保所定の申請書類を使用してください。
雇用内容証明書 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
現勤務先の給与明細直近1カ月分(写) 勤務開始直後で給与支払がなければ後日でも可
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ

D-2.前勤務先では雇用保険に未加入だった

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
退職証明書 公務員の場合は辞令書(写)でも可
前勤務先の給与明細1カ月分(写) 雇用保険料の引去りがないことが確認できるもの

「退職証明書」に雇用保険未加入と明記されている場合は不要

雇用内容証明書 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
現勤務先の給与明細直近1カ月分(写) 勤務開始直後で給与支払がなければ後日でも可
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ

D-3.雇用保険に加入していて、失業給付を受給終了し転職した(または転職により受給終了した)

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
雇用保険受給資格者証(写) 失業給付の受給終了が印字されている箇所
雇用内容証明書 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
現勤務先の給与明細直近1カ月分(写) 勤務開始直後で給与支払がなければ後日でも可
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ

D-4.同じ勤務先で契約変更により収入が減った

必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
雇用内容証明書 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
現勤務先の給与明細直近1カ月分(写) 勤務開始直後で給与支払がなければ後日でも可
健康(社会)保険資格喪失証明書  
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ

E.ずっとパート、アルバイトなどで収入がある

「ずっとパート、アルバイトなどで収入がある」とは…所得証明書に記載された給与収入が継続して行っているパート、アルバイトの給与収入である方
以下のいずれかに該当する場合、申請事由は「転職または契約変更により収入減少した」になります。

  • 所得証明書に記載の給与収入額と現在のパート、アルバイトの勤務先が異なる。
  • 所得証明書に記載の給与収入額が、被扶養者認定基準額を超過している。(現在は超過しない)
必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
雇用内容証明書 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
現勤務先の給与明細直近1カ月分(写) 勤務開始直後で給与支払がなければ後日でも可
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

ページトップへ

F.ずっと無職

「ずっと無職」とは…「所得証明書の収入および所得金額(年金以外)が0円」で「昨年および今年の収入(年金以外)が全く無い」方

以下のいずれかに該当する場合、申請事由は「退職した」になります。

  • 所得証明書の収入または所得金額に0円以外の給与収入に関する記載がある。
  • 昨年または今年に給与収入があった。
必要書類 備考
健康保険被扶養者(異動)届 東芝健保所定の申請書類を使用してください。
扶養状況届
所得証明書(直近分) 市区町村役場で入手してください。
所得証明書が発行されない場合は非課税証明書でも可
源泉徴収票、住民税特別徴収税額通知書は不可
【続柄を確認する書類】(次のいずれか)
・戸籍謄本
・戸籍抄本
・住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
被保険者との同居と続柄が住民票で確認できる場合は住民票のみで可

事業主が東芝健保への申請以外の目的で、左記の書類で続柄、同居・別居状況を別途確認済みであれば省略できますので、お勤め先の健康保険業務担当部門にお問い合わせください。

特例退職被保険者制度、任意継続被保険者制度に加入の方は省略できません。
【同居・別居を確認する書類】
住民票(世帯全員分・続柄記載のもの)
次に該当する場合は以下の書類も必要となります
自営業や不動産、株の配当金など、給与収入以外の収入・所得がある 確定申告書(写)過去3年分

確定申告書で確認できない収入がある場合は、収入金額が確認できる書類

年金を受給している 最新の年金額のわかるもの(写)
「年金振込通知書」または「年金改定通知書」「年金決定通知書」

受給予定の場合は制度共通年金見込額回答票(写)

前勤務先の任意継続健康保険に加入していた 任意継続健康保険の「資格喪失証明書」
国民年金第3号の手続きをあわせて行う場合

この手続きは、事業主が年金事務所へ行うものです。

国民年金第3号被保険者関係届

東芝健保または年金事務所所定の用紙を使用してください。

申請書類

健康保険被扶養者(異動)届

両面印刷

書類(PDF)
【460KB】
記入例(PDF)
扶養状況届

2/3・3/3ページのみ両面印刷

書類(PDF)
【425KB】
記入例(PDF)
雇用保険(失業給付)受給に関する誓約書 書類(PDF)
【114KB】
記入例(PDF)
雇用内容証明書 書類(PDF)
【168KB】
記入例(PDF)
送金計画書 書類(PDF)
【127KB】
記入例(PDF)
国民年金第3号被保険者関係届 書類(PDF)
【402KB】
記入例(PDF)
ページトップへ